来たれ競馬ファン

厩務員とは

白馬

厩務員とは、競馬レースに出場する競走馬の身の回りの世話をするスタッフのことを指します。厩舎に住み込みで働き、ほぼ毎日のように競走馬の体調管理を行なったり、エサをやったり、体を洗ったりと体のケアを行います。もちろん休みもありますが、生き物を相手にする仕事でもあるため、担当している競走馬に何かあれば、休日でも関係なく競走馬に付き添います。ほぼ毎日のように馬の世話をしていることから、休みの日でも馬のことが気になってしまう・・・という厩務員の方も少なくはありません。
厩務員も、騎手と同様「中央競馬」と「地方競馬」で道のりには違いが見られます。
中央競馬の厩務員の場合、競馬学校に通い厩務員課程を経て、厩舎の採用試験に合格する必要があります。それに合格して初めて、厩舎で厩務員として働くことができるのです。一方で地方競馬の厩務員の場合は、特に競馬学校に通う必要はなく、採用試験に合格する必要もありません。

中央競馬と地方競馬で、競馬学校に通う必要があるか、ないかなど、なるための道のりに違いが見られる厩務員ではありますが、それは収入にも違いが見られます。
中央競馬の厩務員の場合、その平均年収は、およそ800万円となっています。自分が担当している競走馬が賞を獲得するなど活躍すると、その収入は更に跳ね上がることになります。
しかし、競馬学校に通う必要や採用試験に合格する必要のない地方競馬の厩務員の場合、その平均年収は、中央競馬よりも劣ってしまいます。
厩務員に関しても、高収入が稼げるのは「中央競馬」となっているのです。