来たれ競馬ファン

騎手とは

乗馬

騎手とは、競走馬に騎乗し、競馬レースに出場するアスリートのことを指します。誰でも簡単に騎手になれるワケではなく、騎手としてふさわしい高度な技術と、高い知識を身に付けるため「競馬学校」に通う必要があります。この競馬学校というのも、誰でも簡単に入学できるワケではなく、その倍率はおよそ30倍となっており、高い倍率を突破して競馬学校には入学する必要があるのです。
騎手は大きく分けて2種類に分けることができ、「中央競馬に出場する騎手」と「地方競馬に出場する騎手」とがあげられます。それぞれに騎手になるまでの道のりは異なり、取得する資格にも違いが見られます。
中央競馬に出場する騎手を目指す場合、競馬学校には3年間通う必要があります。卒業後、中央競馬の騎手免許試験を受験し、合格すれば、晴れて中央競馬騎手になることができます。一方で地方競馬に出場する騎手を目指す場合は、中央競馬とは異なり2年間、学校に通う必要があります。卒業後は、中央競馬の騎手免許試験を受験し、合格すれば、晴れて地方競馬の騎手になることができます。

中央競馬、地方競馬に出場する騎手共に競走馬に騎乗し、レースに出場することが仕事ではありますが、それらはそれぞれに、稼げる給料には違いが見られます。
中央競馬に出場する騎手の場合、その平均年収とは、およそ1,000万円となっています。それが賞に何度も入賞するようなトップクラスの騎手になると、その年収は1億から2億円にも跳ね上がります。一方で地方競馬に出場する騎手の場合は、トップクラスであっても、その年収は500万円から600万円となっています。
より高収入を目指したいのであれば、断然「中央競馬」がオススメです。