来たれ競馬ファン

試験対策として

調教

一流の騎手や厩務員を目指して競馬学校に入学しようと思えば、およそ30倍とも言われる倍率を突破する必要があります。その高すぎる倍率を突破するためには、試験にいかに合格するか、しっかりと対策を練らなくてはいけません。それには、いくつかの対策方法があげられます。

まず一つ目にあげられる対策方法として、「条件をしっかりと満たすこと」があげられます。
競馬学校に入学できる条件として、中学卒業見込み以上は必須条件ですし、また、それぞれの年齢に応じて体重は44キロから46.5キロ、もしくは49キロ以下という体重制限がかけられています。これらの条件を満たしていなければ、そもそも受験することすらできませんし、しっかりと最低条件は満たしておくようにしましょう。

競馬学校の入学試験に合格するための試験対策として、「志望動機」もあげられます。競馬学校の入学試験において、志望動機は重要です。何故なら、志望動機とは、第一次試験、第二次試験での面接や保護者との面接において、それぞれで語られる志望動機に一貫性はあるのかどうか・・・というのが試験官によって見られるからです。それぞれに一貫性がなければ、その時点で落とされる・・・と言っても過言ではないでしょう。
また、志望動機とは、ただ単に憧れを持ったからという志望動機ではなく、騎手になって自分は何がやりたいのか、競馬に関わる全ての人にとって、自分はどのような騎手でありたいのか、などを具体的に述べる必要があります。